これは私の主人の会社での話です。
主人の会社はその名の通りブラック企業です。営業所によって待遇はさまざまですが、前にいた営業所での待遇が最悪だったので、いつか労働基準監督署に相談しに行く日が来ることを想定して過ごしていました。

 

営業所まで距離があったことも理由の1つですが、主人は毎朝6時前に家を出ます。上司に、もう少し遅くてもいいと言われていたらしいですが、遅く出勤するその日の仕事が終わりません。人手不足を解消する努力も、仕事量を減らす努力もしてくれず、帰ってくるのは毎晩9時は過ぎていました。
しかも規定の残業時間を超えるので、タイムカードを押してから残りの雑務をしていたようです。

 

労基の監査が入って残業ができなくなると給料が減ってしまうと上司に言われ、労務の実務状況を相談することもできず、誰も文句も言わずに働いていたようです。
給料が減るのは困りますが、主人が身体を壊してしまっては元も子もありません。私達は毎日、朝家を出る時間、出勤して仕事を実際に始める時間、タイムカードを押した時間、実際に仕事を終えた時間、帰宅した時間を書き残すようにしました。

 

労働状況があまりにひどくなったのと、残業代が何を基準につけられているのかわからなかったので、書き残したメモと就業規則を持って労働基準監督署に相談に行きました。
私達以外にも同じ営業所から相談に行った方もいたようで、すぐに動いてくれて改善されました。
出勤時間など書き残して準備しておいて本当に良かったです。