ブラック企業で働いた経験として、いちばん辛かったのが長時間労働の問題です。

普通の商社に就職していたと思っていたのですが、とにかく仕事の量が多く勤務時間中に仕事を終えることができません。

仕事が終わらない分は、残業をして遅れを取り戻さなければなりません。

始めのうちは「自分の作業が遅すぎるから、勤務時間内に終わらない」と思っていたのですが、仕事に慣れても残業をする必要があったため、「ブラック企業かもしれない」と思い始めました。

よくよく職場を見渡すと、勤務時間がとっくに過ぎているのにたくさんの同僚が残っています。残業をする人が多すぎて、正式な勤務時間が分からないほどです。
自分が残業が多すぎるブラック企業に勤めていることに気付けなかったのも、同僚が当たり前のように残業をしていたからでした。

度重なる残業で体力は失われ、会社に行くのが辛くなってきました。
さらにブラックと気づいてからは気力がなくなり、会社に行けなくなりました。
しばらく会社を休み、正式に辞職しました。労務専門の弁護士を探しましたがあきらめました。
新しい職場では残業がそれほど多くないので良かったと思っています。